福岡県水産海洋技術センターは、明治31年(1898年)に福岡県水産試験場として設立され、以降、有明海、豊前海、内水面の研究所を順次設置した後、100年を経た平成10年(1998年)に組織の再編整備とセンター施設のリニューアルを行い、新たなスタートを切りました。

明治 31 年 (1898年) 福岡市に福岡県水産試験場を創設
明治 43 年 (1910年) 有明海にあげまき実験場を新設
大正 9 年 (1920年) 豊前海に豊前研究所を新設
昭和 8 年 (1933年) 有明海に有明研究所を新設
昭和 25 年 (1950年) 福岡県水産試験場を福岡、有明、豊前水産試験場に分離独立
昭和 58 年 (1983年) 内水面水産試験場を新設
平成 4 年 (1992年) 従来の4水産試験場を統合して、福岡県水産海洋技術センター(企画管理部・筑前海・有明海・豊前海・内水面各研究所)に改組
平成 10 年 (1998年) 福岡県水産海洋技術センター新築及び組織再編
平成 11 年 (1999年) 水産資料館オープン

センター概要に戻る