センターは、企画管理部と研究部(福岡市)、有明海研究所(柳川市)、豊前海研究所(豊前市)及び内水面研究所(朝倉市)の2部3研究所で構成されています。

センター概要に戻る

【所在地】

 福岡県水産海洋技術センター(企画管理部、研究部)
  〒819-0165 福岡市西区今津1141-1(TEL092-806-0854、FAX092-806-5223)
 
 福岡県水産海洋技術センター有明海研究所
  〒832-0055 柳川市吉富町728-5(TEL0944-74-0530、FAX0944-72-6170)
 
 福岡県水産海洋技術センター豊前海研究所
  〒828-0022 豊前市大字宇島76-30(TEL0979-82-2151、FAX0979-82-5599)
 
 福岡県水産海洋技術センター内水面研究所
  〒838-1306 朝倉市山田2449(TEL0946-52-3218、FAX0946-52-3324)
 
 福岡県水産資料館
  〒819-0165 福岡市西区今津1141-1(TEL092-805-3311、FAXなし)

部所 課名 業務の概要
企画管理部 総務課 予算執行管理、施設管理、職員の人事・服務の事務 等
企画情報課 研究の総合企画、HP等の情報発信、水産経済研究 等
研究部
(筑前海所管)
漁業経営課 漁業経営研究、経営安定・向上に関する指導 等
資源環境課 魚類(マダイ、ケンサキイカ、トラフグなど)の資源管理・増殖、漁場造成研究 
漁場環境・赤潮監視、有害生物駆除対策、漁場保全研究 等
浅海増殖課 貝類(アワビ、ハマグリなど)や甲殻類(クルマエビ、ガザミなど)の資源管理・増殖、カキ、アコヤガイなどの養殖技術開発、藻場造成・保全研究 等
応用技術課 魚病診断・防除対策、品種開発、水産物利用加工研究 等
※3海区、内水面の同種課題も連携して研究
有明海研究所 のり養殖課 ノリの養殖技術開発・品種開発・病害対策、漁場環境・赤潮監視、漁場保全研究 等
資源増殖課 貝類(アサリ、タイラギ、サルボウなど)や甲殻類(クルマエビ、ガザミなど)の資源管理・増殖、漁場造成研究 等
豊前海研究所 漁業資源課 魚類(サワラ、カレイなど)や甲殻類(クルマエビ、ガザミなど)の資源管理・増殖、漁場環境・赤潮監視、漁場造成研究 等
浅海増殖課 貝類(アサリなど)の資源管理・増殖、カキの養殖技術開発研究 等
内水面研究所   魚類(エツ、オイカワ、コイなど)の資源管理・増殖、養殖魚(コイ、ウナギなど)の魚病診断・防除対策、漁場環境監視、漁場保全研究 等

 研究部、有明海研究所、豊前海研究所及び内水面研究所では、各海域・内水面の漁場や漁業の特徴に即した試験研究や普及指導を行っており、企画管理部では、センター全体の企画調整や県民への情報発信などの業務を行っています。
 ※各海域、内水面の漁場と漁業の特徴はこちら