赤潮プランクトン情報
(第1報)

1.調査日

 平成29年6月26日

2.発生状況

6月26 日に柏原漁港及び岩屋漁港の海水を調査した結果、
シャトネラの発生を確認しました。

3.優先種および密度(1ml あたりの細胞数)

○シャトネラ
最大密度 55cells/ml

4.その他

シャトネラは非常に毒性が強く、1 mL あたり数10 細胞でも魚介類に被害を及ぼします。
今後晴天が続いた場合、水温の上昇や日照の増大により急激に増殖するおそれがあります。
海水が着色しなくても、魚介類に被害を及ぼす場合があります。
漁港での魚介類の蓄養は極力避けるようお願いします。
魚が大量に浮き上がっていたり、漁場の海水が着色していた場合などは
当センターへ至急連絡願います。

研究部資源環境課 秋本・森本・中山

0 9 2 − 8 0 6 − 0 8 8 4

赤潮情報TOPへ

福岡水技センター